あきるの杜きずなクリニック

MENU
Main%e5%85%83

〒190-0164 東京都あきる野市五日市149-1

Main%e5%85%83

お知らせ

2020年09月12日 ロタウイルスワクチンの定期接種化に向けて 詳細を見る
10月1日よりロタウイルスワクチンの定期接種となります。本ワクチン接種後1~2週間くらいの間は、腸重積のリスクが若干高まると報告されています。腸重積とは、口側の腸管が肛門側の腸管に嵌り込む病気で、放置すると腸管に血流障害を来すため、速やかな治療が必要です。腸重積の主な症状は、①間欠的な不機嫌、啼泣、②緑色の嘔吐、③イチゴジャム様の血便、④ぐったりして顔色不良、などがあり、①~④のうち1つでも認められたら医療機関の受診が勧められています。
当院では、腸重積が疑われる全てのケースで、迅速に腹部エコーを行い、診断を行っています。当院で接種された場合はもちろん、他院で接種の場合でも、夜間・休日でも対応させていただきますので、遠慮なくご連絡下さい(夜間・休日は、携帯電話にて対応させていただきます)。

ごあいさつ

Dr1

院長小高哲郎

1997年東京大学医学部医学科卒業後、三井記念病院外科、東京大学医学部附属病院小児外科、東京都立八王子小児病院外科などで診療経験を積み、2008年東京大学医学部附属病院小児外科助教就任。その後公立福生病院外科医長、埼玉医科大学国際医療センター小児外科診療部長を歴任し、2018年開業。日本小児外科学会小児外科専門医、日本外科学会外科専門医。

地域や家族のきずなを大切にしながら
赤ちゃんからお年寄りまで見守ります

当院は、あきる野市の身近なホームドクターとして地域に貢献することをめざし、2018年に開業しました。以来、豊かな自然と歴史、文化が調和するこの美しい街で、地域のきずな、家族のきずなを大切にしながら、小児救急から大人のがん検診まで幅広い診療を行っています。

私の診療モットーは「赤ちゃんからお年寄りまで、頭のてっぺんから足の先まで」。長年にわたり大学病院や地域の基幹病院の小児外科、一般外科で研鑽を積み、さまざまな年代、さまざまな症状の患者さんと向き合ってきたことは、今も私の診療の礎となっています。専門分野である小児外科疾患、小児腫瘍、成人の消化器外科、悪性腫瘍はもちろんのこと、そのほかの症状にもひと通り対応できる経験を重ねてきており、重大な疾患は絶対に見逃さないよう日々の診療にあたっています。

地域のみなさまが安心して健康な人生を送れるよう、今後も力を尽くして参ります。気になる症状がある場合だけでなく、何科を受診すればよいかわからないような場合でも、ぜひお気軽にご相談ください。

当院の特徴

特徴1

専門性の高い
小児外科・小児救急診療

小児の救急疾患については、診療時間外も可能な限り対応いたします。必要に応じ専門医療機関への紹介も行います。

特徴2

家族みんなが頼れる
クリニックをめざして

地域のファミリークリニックとして、赤ちゃんからお年寄りまで、あらゆる年代と症状に対応しています。

特徴3

慢性疾患の治療に
力を入れています

早期診断と予防に注力するとともに、食事や運動による生活習慣の改善方法をご提案いたします。

特徴4

一人ひとりと向き合う
丁寧な診療

患者さんのお話をじっくり聞き、ニーズを正しく理解した上で、適した診療の提供に努めています。

特徴5

がんの早期発見、検診に
注力しています

当院は内視鏡システムや超音波による検査を導入しています。自治体で実施する定期的ながん検診の機会をご利用ください。

特徴6

忙しい人にも
通院しやすい環境づくり

どなたにも通いやすいクリニックをめざし、24時間受付可能なウェブ予約システムを導入しました。駐車場もご用意しています。

診療内容

1

何でも相談できるファミリークリニック

当院は、地域の皆さまが家族ぐるみでかかれるファミリークリニックをめざしています。気になる症状がある、健康について不安なことがあるという場合は、小さなことでもお気軽にご相談ください。また、職場や学校などの健康診断で、何らかの指摘をされたという方のご相談もお受けしています。高度医療や入院が必要と判断された場合には、適切な医療機関へのご紹介をいたします。

2

小児救急

小児では成人と比べ病状が急激に変化する場合があり、速やかな対応が欠かせません。特に、小児の腸捻転や鼠径ヘルニア嵌頓などが疑われる場合は、緊急に外科的処置を行う必要があります。当院では、小児の救急疾患には診療時間外であっても可能な限り対応していますので、ぜひ遠慮なくご相談ください。手術や入院が必要な場合には、近隣の連携施設へのご紹介も可能です。

3

超音波検査

当院では超音波検査を導入し、診察室内でスピーディーな診断を行っています。超音波による検査は、腸の動きや臓器の様子をリアルタイムで確認することができるうえ、被ばくや痛みがなく、患者さんへの負担が少ないのが特徴です。乳児、小児にも使用できることから、緊急な対応を要する小児の疾患についても、症状の原因を速やかに診断することが可能です。

4

がんの早期発見・診療

がんは早期に発見できれば早期治療ができます。まずはがんを見逃さず早期発見できるよう、当院ではさまざまな検査に力を入れています。胃がんや大腸がん、食道がんなどの消化器がんの検査には、内視鏡システムや超音波検査を導入。乳がんには触診と超音波検査を行っており、マンモグラフィは近隣の総合病院で撮影可能です。他院で撮影した画像の読影もお受けいたします。

5

胃・大腸の内視鏡検査

胃がんや大腸がんなどの早期発見のため、胃と大腸の内視鏡検査を行っています。がんだけでなく、炎症やポリープ、潰瘍などの病変の有無を診断するとともに、必要に応じ、組織を採取してより詳しく調べることや、内視鏡による治療を行うことも可能です。当院の内視鏡は細径のファイバーを導入しているため、痛みを感じにくく、小児にも検査実施が可能です。

診療時間

時間
09:00~12:30
15:00~18:30

アクセス

あきるの杜きずなクリニック

診療科目
小児科・内科・外科・小児外科
所在地
〒190-0164
東京都あきる野市五日市149-1
TEL
042-596-6736
駐車場
交通アクセス

JR五日市線 武蔵五日市駅から徒歩5分

ページ
トップへ
Access